いいなもっと.com > Microsoft Office > カレンダーを使って日付入力アプリ(Excel)
2013
09/ 13

カレンダーを使って日付入力アプリ(Excel)

Microsoft Office


Excel2013から始まったOffice用アプリ。日本語の使えるアプリも登場してきました。今日はカレンダーを使ってExcelのシートにクリックだけで日付データを入力する追加アプリのご紹介です。無料で利用できますよ。

Office用アプリを探す

Office用アプリをワークシートに挿入する

Office用アプリをワークシートに挿入する

リボンの『挿入』タブにある、『Office用アプリ』ボタンをクリックします。展開したメニューより、一番下の『すべて表示』を選択します。

Office用アプリの選択ダイアログでアプリを探す

Office用アプリの選択ダイアログでアプリを探す

Office用アプリの選択ダイアログが開くので、『お勧めのアプリ』をクリックし、表示された選択窓に『カレンダーから日付入力』と打ち込んで、検索します。

お勧めのアプリの中には『Mini Calendar』というよく似たアプリもあるのですが、こちらは英語ですし、有料ですから御注意ください。

カレンダーから日付入力アプリを個人用アプリに追加する

カレンダーから日付入力アプリを個人用アプリに追加する

おめあてのアプリが見つかるので、右の方にある『追加』をクリックして個人用アプリに追加します。画面には何も変化はありませんが、ちゃんと追加されているはずです。

ワークシートにアプリを挿入する

個人用アプリの画面から目的のアプリをダブルクリックしてワークシートに挿入する。

個人用アプリの画面から目的のアプリをダブルクリックしてワークシートに挿入する。

ダイアログの左上にある『個人用アプリ』をクリックして、画面を『個人用アプリ』に切り替えます。さきほど追加した『カレンダーから日付入力』アプリが追加されています。

このアプリをマウスでダブルクリックすればワークシートにカレンダーが追加されます。

カレンダーから日付入力アプリ

カレンダーから日付入力アプリ

これが『カレンダーから日付入力』アプリです。日付を入力したいセルを選択した状態で、カレンダーの中の日付をクリックすると、その日付のデータがセルに入力されます。

カレンダーの位置は好きな場所に移動させることができますから、邪魔にならない位置に配置してください。

カレンダーアプリのカスタマイズ

挿入する日付の形式や、カレンダーのサイズなどをカスタマイズできる

挿入する日付の形式や、カレンダーのサイズなどをカスタマイズできる

カレンダーの左上のリストを使って挿入する日付の形式を変更することもできます。またその上にある設定ボタンを使って、カレンダーのサイズ、『今日』ボタンの表示、表示する月数などを変更することもできます。使いやすいようにカスタマイズしてみてください。

まだまだアプリの数は少ない Office ストアですが、こんなアプリも追加されはじめていますから、今後の充実に期待しましょう。


タグ: ,

« »

“カレンダーを使って日付入力アプリ(Excel)” への3件のフィードバック

  1. 青木政幸 より:

    初めまして。
    貴社が作成しております「カレンダーから日付入力」を使用させていただこうとしたのですが、
    アプリエラーとなって、「このアプリは正しく設定がされていないため起動できません」と表示
    されてしまいます。
    マクロセキュリティも無効としているのですが、その他、どのように設定すればよいのかお教え
    いただけませんか。

    • 管理者 管理者 より:

      すみません、このExcelのアプリは弊社の製作ではないのでよく分かりません。こちらの環境ではどのPCでもすんなりとインストールされます。
      開発者のサイトへのリンクは、Office ストアの各アプリのページの [詳細] セクションにあります。
      頼りない回答で申し訳ありません。よろしくお願いします。

      もしかしてOffice2013(ないしは2016)が破損しているかも知れないのでOfficeを再インストールすると直るかも知れません。これに関してはこちらも事例の経験がありませんし、検証もできないのでご了承ください。

  2. 青木政幸 より:

    ありがとうございました。当方個別の問題と思われます。
    迅速な回答いただき、感謝申し上げます。

コメントを残す