いいなもっと.com > Webデザイン > 外部リンクをわかりやすく表示するプラグイン(WordPress)
2013
08/ 16

外部リンクをわかりやすく表示するプラグイン(WordPress)

Webデザイン


Webページのリンクには自サイト内のページなどにリンクする内部リンクと、他のサイトにリンクする外部リンクがあります。外部リンクで飛んだ先からは元に戻るリンクが貼られていないため、別のタブでそのサイトを開くようにすることがわりとあります。

別のタブで開くと閉じるだけで元に戻れるので便利なように思いますが、「戻る」ボタンで戻れなかったり、気づけばタブだらけになったりと弊害もあったりします。

そこで外部リンクであることがあらかじめわかるようにしておいてあげるとより親切ですよね。CSSを設定すればできるのですが、WordPressではプラグインを使って簡単に実現できます。

内部リンクではリンクを現す下線のみです。

外部リンクには外部リンクを示すアイコンが表示されます。

WordPressでExternal Links プラグインを探す

WordPressでExternal Links プラグインを探す

使い方は簡単、プラグインをインストールするだけです。まずは『ダッシュボード』にログインして、『プラグインのインストール』画面で『External Links』を探します。検索窓に『external links』と入力して『プラグインの検索』ボタンをクリックします。

External Links プラグインをインストールする

External Links プラグインをインストールする

同じ様なプラグインがずらりと出てきますが、私は星5つで更新も頻繁に行われているこのプラグインを選択しました。

『いますぐインストール』をクリックするだけでプラグインがインストールされます。

インストールされたら『有効化』してください。

このプラグインの便利なところは、これから入力する記事だけで無く、過去に入力された記事や固定ページの外部リンクにも適応されるところです。たったこれだけの操作でサイト全体にわたって適応されるのです。

さらに設定からは、外部リンクを nofollow にしたり、外部リンクを常に別ウインドウで開く設定にしたりすることもできます。

WordPress をご利用の方は便利で軽いプラグインなのでぜひ利用してみてください。

 


タグ: ,

« »

コメントを残す