いいなもっと.com > Windows > Windowsでスクリーンショットを撮る
2013
03/ 26

Windowsでスクリーンショットを撮る

Windows


パソコンの画面に映っている映像をそのまま画像ファイルとして保存したものをスクリーンショットと言うのですが、これを撮る方法を解説します・・・なんて言うほどおおげさなはなしじゃないですけどね(笑)。

Windows8はワンタッチ

PrtScnキー

PrtScn(プリントスクリーン)キー

なんたってWindows8は最新OSです。この画面コピーに関しては最も簡単です。【Windows】キーとこの【PrtScn】キーを同時に押すだけです。【Windows】キーを先に押しておいて、【PrtScn】キーを押すと、そのタイミングで画面が一瞬暗くなりその時ディスプレーに映っている画面全体が「ピクチャフォルダ」の中にある「Screensots」フォルダに保存されます。

画像を編集する

画像ファイルを選択して編集ボタンをクリック

「Screenshots」フォルダをエクスプローラーで開き、そこにあるスクリーンショットを選択します。そして「ホーム」タブにある「編集」ボタンをクリックすると、おなじみの「ペイント」が開きます。

必要な範囲を選択

選択ボタンをクリックして、必要な範囲を選択します。

選択ボタンをクリックすると、カーソルが十字に変わるので、範囲をドラッグ(マウスの左ボタンを押したままで移動)することで必要な範囲を選択します。

選択した範囲をトリミング

選択した範囲をトリミング

「選択」ボタンの右にある「トリミング」ボタンをクリックして、選択した範囲以外をトリミングして取り除きます。これで名前を付けて保存すればできあがりです。

それ以外のWindowsではクリップボード経由で

8以外のWindowsでは【PrtScn】キーを押すと(【Windows】キーは不要です)、そのままクリップボードに保存されます。と言っても、パソコンは何も変化が無く、本当に保存されているのか不安ですよね。まぁ、それでWindows8では画面が一瞬暗くなるようにしたんでしょうね。

次にスタートメニューの「アクセサリ」から「ペイント」を起動し、おもむろに【
Ctrl】+【v】を押すと、さきほどクリップボードに保存したスクリーンショットが貼り付きます。この後の操作は8と同じですね。

SnippingTool(スニッピングツール)

Snipping Tool を起動

Snipping Tool を起動

Windows8や7やVISTAにはSnipping Tool という便利な道具もインストールされています。これを使うと最初から必要な部分だけを切り取ってくれます。

Snipping Tool は「すべてのプログラム」→「アクセサリ」にあります。インストールして間もないWindowsですと、結構スタートメニューに出ていたりします。もし見つからなければ「スタートメニュー」の「プログラムとファイルの検索」に「Sni」ぐらいまで入力すると出てくると思いますよ。

Snipping Tool を検索

スタート画面で「s」と押せばすぐに検索される

Windows8ならスタート画面でおもむろに「s」とキーボードで打てばアプリの検索結果で「s」で始まるアプリが表示されるのでその中にあります。入力用の枠があるわけではなく、カーソルがどこにあろういきなりキーボードを打てば大丈夫です。ちょっとビックリですよね。

Snipping Tool

Snipping Tool で画面を切り取り

Snipping Toolの小さなウインドウが開いたら、新規作成をクリックします。右の小さな矢印をクリックするとどんな風に切り取るのか選択できます。切り取ったら保存すればスクリーンショットのできあがりです。


タグ:

« »

コメントを残す