いいなもっと.com > Windows > Windowsでタスクバーのアイコンにファイルをドロップして開く
2015
04/ 11

Windowsでタスクバーのアイコンにファイルをドロップして開く

Windows

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

Macでは当たり前にできることなのにWindowsではできなくて不満に思っていることの一つが ドック(Windowsではタスクバー)のアプリアイコンにファイルをドロップして開くという操作です。MacからWindowsに乗り換えた人(あんまりいないかも知れませんね(;^ω^))が一番戸惑う部分でしょう。

どのアプリで開くか場合によって異なることがある

場合によって開きたいアプリが異なる場合がある

場合によって開きたいアプリが異なる場合がある

通常ではファイルは拡張子でそのファイルを開くアプリに1対1で関連づけられており、ダブルクリックで自動的にそのアプリで開かれます。

ところがここに hogehoge.html というファイルがあります。これはhtmlですから普通はインターネットエクスプローラーで開くように設定されています。アイコンを見るとそうなっていますよね。

ところがこれを別のブラウザで開きたいことがあるかもしれませんし、更に言うなら、DreamWeaverというホームページを編集するアプリで開いてソースコードの編集をしたいかもしれませんし、ただ単にテキストエディタで開いてソースコードを見たいだけかも知れませんし。それとも Word文章にしたい(かな?)こともあるかもしれません。

いつもと違うアプリでファイルを開く方法

いつもと違うアプリでファイルを開く方法

そんな風に場合によってさまざまなアプリで開くことができるファイルをいつもと違うアプリで開きたい場合、Windowsではファイルの右クリックから「プログラムから開く」で開くアプリを選択できます。

でももっと直感的にMacのようにタスクバーのアイコンにドロップして開くことができるとうれしくないですか?それができるんです。

そのままドロップすると

そのままドロップするとジャンプリストに登録される

そのままドロップするとジャンプリストに登録される

ためしにファイルをドロップしてみましょう。するとそのアプリのジャンプリストにピン留めされてしまいます。良く開くファイルならそれも有りかも知れませんが、今回の目的とはちょっと違いますよね。

Shiftキーを押しながらドロップしよう

シフトキーを押しながらドロップでOK!!

シフトキーを押しながらドロップでOK!!

今度はShifキーを押しながらドロップしてみます。今度はちゃんとそのアプリで開いてくれました。

Windows7になってから(もう5年も経ちますが…)できた新しいタスクバーはMacのドックに似ているのですが、このファイルのドロップができないのが不満でした。でも完璧じゃ無いのですが、これで少し便利になりましたね。

何かの設定で Shift の有無の動作を逆にできるとウレシイんですけどね。

MacにあってWindowsに無い機能でもう一つの不満点は仮想デスクトップです。でもこれもWindows10で解消されることになっています。今のところベータ版(テクニカルぶれピュー)に搭載された仮想デスクトップはMacのモノに比べるといささかお粗末ですが、製品版までにはブラッシュアップされることを期待しています。

 

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

タグ:

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.