いいなもっと.com > Webサービス > BufferでSNSへのつぶやきを分散しよう
2013
07/ 05

BufferでSNSへのつぶやきを分散しよう

Webサービス ソーシャルネットワーク


時間をおいてつぶやいてくれるBuffer

時間をおいてつぶやいてくれるBuffer

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアはとても楽しいのですが、ついつい仕事中に気持ちをとられてしまいます。それで反省して(;^ω^)、時間を決めてFacebookなどをするようにしました。すると今度は投稿が集中してしまい、あるとき友人に「ニュースフィードが久野君でいっぱい」なんて言われてしまいました。なんとなくスパムみたいですね。

それで最近使っているのが、『Buffer(バッファー)』というWebサービスです。BufferはFacebookやTwitterへの投稿をあらかじめ決めておいた時間に順番に投稿してくれるというサービスです。まとめて投稿しても、一度にアップされずに、小出しにしてくれます。これならば友だちのニュースフィードを独占することはありませんね(笑)。

Bufferは http://buffer.com/ から申し込みます。より多機能な有料プランもありますが、まずは無料プランを試してみてください。

私は Buffer 専用のアカウントを作るのではなく、Facebook アカウントでログインしています。いろいろとアカウントを作りすぎるとIDやパスワードを覚えきれませんからね。

Bufferを使えば投稿する時間を指定できる。

Bufferを使えば投稿する時間を指定できる。

ログインするとこんな画面になります。左上にある『Accounts』の隣の『+』をクリックして、SNSのアカウントを追加してください。私はTwitterとFacebookを登録しています。無料コースでは2つまでなので、ここまでです。

実は私は他にも趣味用のTwitterアカウントとかFacebookページもいくつか持っています。これらにも投稿できるようにするには有料コースへの申込みが必要でして、今どうしようか迷っています。

有料コースは月額$10か年払いで$102です。個人的には、ちょっと高いかなって思ってます。この半分くらいがウレシイんですけどね・・・

拡張機能をインストールすると、開いているサイトをBufferで共有できる。

拡張機能をインストールすると、開いているサイトをBufferで共有できる。

Bufferを使うのならぜひ、ChromeかSafari、それともFirefoxにしましょう。この3つのブラウザを使っていると拡張機能がインストールされます。この画面はChromeのものですが、このようにBufferのボタンがツールバーに追加されます。

気に入ったページがあったらこのボタンをクリックすると、たちどころにBufferにリンクとそのページのタイトルが送られます。

Bufferの投稿画面

Bufferの投稿画面

Bufferの投稿画面が開きます。投稿したいSNSを選択して、文章を追加(しなくてもかまいません)。そして『Buffer』ボタンをクリックすると、そのままBufferに投稿予約されます。

隣の『Show Now』をクリックすると、予約されずにいきなり投稿されます。急ぎの時はこちらをどうぞ。

Bufferの予約のページ

Bufferの予約のページ

Bufferの予約のページを開いてみると、先ほどの投稿が予約されていることがわかります。私のスケジュールでは午後8:45ですね。

投稿の吹き出しの左にあるアイコンにマウスを重ねるとこのように十字カーソルに変わります。そのままドラッグすることで投稿の順序を入れ替えることができます。

この様なはずかしい投稿をするわけにいかないと我に返ったので(爆)、削除します。投稿にマウスカーソルを乗せると、『DELETE(削除)』『EDIT(編集)』『MOVE TO TOP(一番上へ)』『SHARE NOW(今すぐ投稿)』と現れるので、この中からやりたいことを選んでください。

投稿のスケジュールを編集

投稿のスケジュールを編集

投稿のスケジュールを編集できます。スケジュールは投稿するSNSごとに独立して設定できます。私は朝5:45から夜11:45まで3時間おきにしてみました。

曜日をクリックするとその曜日は投稿が止まります。

曜日毎に異なるスケジュールを設定したければ有料コースに申し込む必要があるようです。なかなか商売がお上手ですね(笑)。

サイトに用意された『ツイート』ボタンからもBufferに送ることができる

サイトに用意された『ツイート』ボタンからもBufferに送ることができる

最近ではTwitterやFacebookに投稿するためのボタンを付けているサイトをよく見かけますが、そのTwitterへの投稿ボタンからもBufferに予約投稿ができます。

ただしInternet Explorer では拡張機能が無いのでこの機能も使うことができません。どうして一番シェアが高いのにのけ者にされるんでしょうね。

自分の予約投稿がその後どうなったか分析できる

自分の予約投稿がその後どうなったか分析できる

『Analytics』のタブでは自分の予約投稿がその後どうなったかを確認出来ます。私の場合なんだかとっても『ガッカリ』ですね。こんなものなんでしょうか。

でもTwitterって何か一発はまると強烈なアクセス数アップにつながっていることがわかってますから、めげずに頑張ります(;^ω^)。

Bufferは無料で始めることができます。予約投稿機能を上手に使って、SNSと上手に付き合ってください。


タグ:

« »

コメントを残す