いいなもっと.com > Windows > 日本語入力時にIME(日本語入力機能)の設定を変えて英数字を常に半角に変換する
2013
04/ 30

日本語入力時にIME(日本語入力機能)の設定を変えて英数字を常に半角に変換する

Windows

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

美しい文章は全角半角の統一から

読みやすい文章を作るには英数字を半角で統一するのが望ましいのですが、それに気を取られるのも考え物です。あとから一括で統一する方法もあるのですが(Wordで全角半角文字を一気に揃える)、最初から半角で入力されている方が楽ちんですよね。

IME(日本語入力機能)の設定を変えれば英数字や記号などを常に半角で入力したり、カタカナを常に全角で入力するように設定することができます。これで全角半角に気を取られることもなく入力に集中できます。

MS-IMEのプロパティを呼び出す

タスクバーの通知領域からIMEのプロパティを呼び出す

まずは設定のためにIMEのプロパティを呼び出します。IMEとは Input Method Editor の略で、キーボードに収まりきれない多種多様な文字の入力を助けてくれるプログラムのことで、私たちが使っているのは日本語IMEです。

画面右下にある通知領域の『あ』(日本語入力モードの時)とか『A』(英語入力モードの時)のアイコンを右クリックします。すると上の画面のような(IMEの種類やWindowsのバージョンによって異なります)メニューが開くので、『プロパティ』を選択します。

IME(日本語入力機能)の設定を呼び出す

WindowsXP でOfficeIME2007のプロパティを呼び出す

WindowsXP でOfficeIME2007のプロパティを呼び出す

WindowsXPの Microsoft Office IME2007 でIMEがタスクバーに収納されていない場合は、道具箱の様なアイコンをクリックし表示されたメニューから『プロパティ』をクリックします。

ime_mode_2

IMEによってはこのような『Microsoft IME の設定』ダイアログが開くので、『詳細設定』をクリックしてください。

全角半角の指定をする

IMEで文字種ごとに全角/半角を指定する

IMEで文字種ごとに全角/半角を指定する

『Microsoft IME の詳細設定』のダイアログが開くので、『オートコレクト』タブの下半分にある『全角/半角』のセクションで文字種による全角/半角を指定していきます。

ここでは文字種(ひらがなとかカタカナとか数字など)によって『変換しない』『常に全角に変換』『常に半角に変換』『前回の変換結果に従う』を選択することができます。

文字種として『英字』『数字』を選んで、『常に半角に変換』にチェックを入れればOKですね。

記号はさらに文字種を絞って指定できる

記号はさらに文字種を絞って指定できる

カッコなどの記号は文字ごとに全角/半角を指定できます。私は基本的にはすべて半角で入力するように指定しているのですが、¥(円記号)だけは半角の円記号は半角のカタカナと同じでちゃんと表示できないパソコンがあるので常に全角になるようにしています

テンキーからの入力を設定

テンキーからの入力を設定できる

デスクトップパソコンならテンキーボードが付いているので、テンキーからの入力をしたときだけ数字を半角にすることもできます。

読んでいて気持ちの良い文章や資料をつくるためにも全角/半角には気をつかいたいのですが、そんな煩わしい判断はパソコンに手伝ってもらうというのがスマートですね。

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

タグ:

« »

“日本語入力時にIME(日本語入力機能)の設定を変えて英数字を常に半角に変換する” への2件のフィードバック

  1. より:

    これ、「常に半角で入力される」ではなく、変換のひと手間が必要な方法ですよね?

    私も含め、この記事を求めてくる方はキーボードを押したら変換なしでいきなり半角がでるようにしたいと思うんですが、タイトルがややこしいです…。

    • 管理者 管理者 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      ATOKではこの設定で最初から半角入力になるのですが、MS-IMEではテンキー以外は最初は全角での入力となります。タイトルを「常に半角で入力する」から「常に半角に変換する」に訂正させていただきました。
      MS-IMEで最初から半角入力の方法を探ってみましたが、どうやらできないみたいですね。今後のバージョンアップに期待ですが、どうなることやら。一応Microsoftには要望を出しておくことにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.