いいなもっと.com > Microsoft Office > 挿入した図形への文字の回り込みを設定する(Word)
2013
06/ 26

挿入した図形への文字の回り込みを設定する(Word)

Microsoft Office


Word文書に写真を挿入する

Word文書に写真を挿入する

Microsoft Word には写真は図形を挿入する機能があり、わかりやすい文書を作る事が出来ます。ただそのまま写真を挿入しただけでは大きな文字と同じ扱いで、文章の中に入ってしまいます。そこで『文字の折り返し』を編集して文字を図形の周囲に回り込ませ、ダイナミックな紙面の構成を作る事が出来ます。

レイアウトオプションを使って文字の回り込みを指定する

レイアウトオプションを使って文字の回り込みを指定する

Word2013では、写真や図形を挿入すると図形の右上に『レイアウトオプション』が表示されます。これをクリックすると文字の折り返し方法が選択できますから、ここで『外周』を選ぶと文字が写真の周囲に回り込むようになります。

Word2010以前では、図形を右クリックして現れるメニューから折り返し方法が選択できます。ちょっとしたことですが、Word2013では図形の扱いがやりやすくなりましたね。

文字の折り返し点は編集できる

文字の折り返し点は編集できる

画像の周囲で文字が自動で折り返すのですが、この折り返し点は編集できます。画像を右クリックして現れるメニュー(コンテキストメニューと言います)から『文字の折り返し』→『折り返し点の編集』と進みます。『レイアウトオプション』にもこのボタンを付けてくれるとウレシイんですけどね。

赤い外周のラインの任意の位置をドラッグして折り返し点を変更できる

赤い外周のラインの任意の位置をドラッグして折り返し点を変更できる

画像の周囲に表示される赤いラインが折り返し点です。このラインの任意の場所をドラッグしてラインを変更できます。黒い点以外でもつかむことができますから、どんどん複雑な形にすることもできます。

折り返し点を変更しても、文字が画像の下に入って読むことができないので、背景を削除する。

折り返し点を変更しても、文字が画像の下に入って読むことができないので、背景を削除する。

これで文字の折り返し点が変更になり、文字が画像なかまで入って折り返すようになりました。ところが画像が文字の前にあるため、文字を読むことができません。画像の配置を『テキストの背面に移動』してもだめです。これはいったいどうしたことなんでしょうね。

仕方が無いので画像の周囲の白い部分を削除します。画像を選択するとリボンに図ツールの『書式』タグが現れるので、これを選択し、左端の『背景の削除』ボタンをクリックします。

自動で背景が選択される

自動で背景が選択される

自動で背景部分が選択されて色が付きます。そのまま『変更を保持』をクリックすると背景が削除されます。

折り返し、回り込んだテキストが表示された

折り返し、回り込んだテキストが表示された

これで回り込んだ文章が表示されました。文章がデコボコになるので必ずしも読みやすくは無いのでむやみに使用するのはお勧めできませんが、場合によってはダイナミックな表現ができるのでポスターとか年賀状とかでは面白い機能なんじゃないでしょうか。


タグ:

« »

コメントを残す