いいなもっと.com > MS Office のカスタマイズ

MS Office のカスタマイズ


いまや仕事でパソコンを使う場合、Microsoft Office ははずせません。高機能で使いやすい Office はちょっと勉強すれば誰にでも使えるようになるのですが、普段はあまり使われていない機能やより便利にするための機能が仕組まれています。もちろん中には高度な知識や習熟が必要となるような機能もありますが、だれでもすぐにでも使える簡単でかつ便利なものも多くあります。ここではMicrosoft Office があなたのためのソフトになるようにカスタマイズで手なずけてみましょう。

Microsoft Office をカスタマイズ(ためしてみよう編)

ユーザー設定リストでオートフィルをもっと便利に(Excel)

Excelのオートフィルはリストを登録して自分だけの設定データで自動埋め込みができます。既存のシートからインポートした設定リストはこれから作る全部のシートで使うことができます。

 

リボンにボタンを追加してみよう(Microsoft Office)

Microsoft Office のリボンにはよく使う機能がうまくまとめられており非常に使いやすいのですが、たまに自分がよく使うボタンが無かったり、あっても深い階層にあったりして使いづらいことがあります。そんな時はそのボタンを自分専用のエリア(グループ)にまとめて表示させることができます。

入力時のハイパーリンクの自動変換を無効にする

Microsoft Officeで入力中に、インターネットのアドレスが自動でリンクに変換される機能は便利ではあるのですが、時として邪魔なときもあります。そんな時は設定を変更して自動でリンクが設定されないようにしてしまいましょう。

Microsoft Office をカスタマイズ(少し高度編)

少し高度と言ってもたいしたことはありません。Officeを使いこんできて、こんなこと出来たらな?って思うことがあったら覗いてみてください。

ExcelにEnterキーを押した後のセルの移動方向を変更するボタンをつける

ExcelでEnterキーを押したときのセルの移動方向を変えると操作性が良くなるのですが、しょっちゅう変えるとなると少々面倒です。これをマクロにしてリボンにボタンとして登録しちゃいましょう。

Microsoft Excelでマクロを使えるようにする

Excel2007以降のバージョンではマクロを作るための『開発』タブがデフォルトで非表示になっています。マクロを作るためには『開発』タブを有効にしなければいけません。