いいなもっと.com > Webデザイン > WordPressで寄稿者でもメディアを利用できるようにする
2015
02/ 19

WordPressで寄稿者でもメディアを利用できるようにする

Webデザイン

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

WordPressのユーザー

WordPress にはできることの種類によってさまざまなユーザーレベルがあります。

購読者はコメントをすることができるだけのユーザーです。

寄稿者は投稿はできますが、編集者以上の権限を持ったユーザーの承認が無いと投稿は表示されません。また、画像などのメディアをアップロードすることができません。

投稿者は自分の投稿を公開したり、編集や削除ができます。メディアのアップロードもできますが、他人の投稿を操作することはできません。

編集者は投稿の公開やカテゴリやタグの作成、固定ページの作成や編集もできます。また他のユーザーの記事の編集や削除もできます。

そして管理者はすべての権限を持ちます。さまざまな設定をしたり、プラグインのインストールやユーザーの作成、編集、削除もできます。

通常自分でWordPressを運用している場合は管理者としてログインしているので何でもできるのですが、会社などで複数の社員で運用する場合は、それぞれの役割ごとに異なるユーザー権限を設定して使います。

寄稿者は画像がアップロードできない

寄稿者の記事作成画面

寄稿者の記事作成画面

これは寄稿者の記事作成画面です。ご覧の様に左側のメニューはずいぶんあっさりしています。利用できる項目が少ないからなんですね。

記事の内容を上司がきちんと精査してからアップしたい場合、社員には寄稿者の権限を与えることがあるのですが、ここで問題が発生します。寄稿者にはファイルをアップする権限が無いので、文字は打てるのですが写真を挿入することができません。

WordPressとは別のサーバーやフォルダにアップされた画像を参照するかたちで画像を挿入することはできるのですが、なんだかちょっと面倒です。これは困りましたね。

寄稿者でも画像をアップ出来るようにする

WordPress の テーマファイルにある functions.php に以下のコードを追加すれば、寄稿者でも画像などのファイルをアップできるようにすることができます。

if (current_user_can(‘contributor’) && !current_user_can(‘upload_files’)) {
add_action(‘admin_init’, ‘allow_contributor_uploads’);
}
function allow_contributor_uploads() {
$contributor = get_role(‘contributor’);
$contributor->add_cap(‘upload_files’);
}

ただし functions.php は ほんのちょっとしたエラーでも WordPress の管理画面すら開けなくなってしまうことがあるので、編集作業は慎重に行ってください。

寄稿者の編集画面にメディアが追加された

 

メディアが使えるようになった

無事メニューの上にメディアの追加ボタンが表示されました。これでメディアが扱えるようになりました。

右の公開の欄を見ると、公開ボタンでは無く「レビュー待ちとして送信」ボタンが表示されることから、寄稿者の権限のままということが分かります。

WordPress というのはその気になれば非常にカスタマイズの幅が大きいですよね。それが人気のひとつなんでしょうね

 

 

 

[`evernote` not found]
Facebook にシェア
LINEで送る

タグ:

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.