いいなもっと.com > Windows > 迷惑ソフトを削除するツール(Google Chrome)
2014
10/ 14

迷惑ソフトを削除するツール(Google Chrome)

Windows


Chrome Software removal tool

Chrome用 Software removal tool

ブラウザ(インターネットエクスプローラーなどのWeb閲覧ソフト)に変な広告や警告が表示されたり、いつものYahooなどのトップページが書き換えられて直せなくなったりしたことはありませんか。これらはブラウザに取り付く迷惑ソフトが原因だったりします。

使用するのに対して影響も無いこともあり、気にせずに使われている方もよくお見受けするのですが、だまし討ちのようにしてインストールされたアプリたちですから、かならずしも善良とは限りません。もしかするとパスワードやIDなんかを入力するときにデータをよからぬ所に知らず知らずに送信されてしまっているかもしれません。

Googleはこの問題の解決策として、自社の提供する Chromeブラウザ に取り付いた迷惑アプリなどを削除するツールの無償提供を開始しました。このツールは無料で使用できます。英語版ですが、特に難しくはありませんよ。以下のページよりダウンロードできます。

Google Chrome用 ソフトウエア削除ツールのダウンロードページ

そうそう、大事なことが一つ。このツールはWindows専用です。Macでは使えませんから御注意ください。

 

Software removal tool チェックが入ります

Software removal tool チェックが入ります

ダウンロードしたファイルをクリックすると、おきまりの利用規約などが表示されるので「同意してインストール」をクリックしてください。もちろん同意できない場合はキャンセルです。

起動したら怪しいアプリの検索が始まります。私の場合はどうやら怪しいアプリ(suspicious programs)は無かったようです。見つかればその数が表示されるようです。

怪しいソフトがあると「Remove suspicious programs(怪しいプログラムの削除)」が表示されるので、これをクリックします。必要があれば再起動する場合もあります。

処理が完了したら、「Continue」をクリックすると次に進みます。

Chromeを初期状態に戻す

Chromeを初期状態に戻す

Chromeブラウザのリセットに進みます。怪しいアプリが無かった方はここでは「キャンセル」をクリックしてください。全部消されちゃいますからね。怪しいアプリが見つかった方はもちろん「リセット」です。これで完了です。

詳しくは Chrome のヘルプ の「Chrome に影響するソフトウエアを削除する」をご覧ください。

Microsoft も インターネットエクスプローラー用のツールを出してくれるといいのですけどね。Chromeは消費電力やメモリの使用量も大きいのでノートPCなどでは不利なんですが、その分高速で高機能です。しかもこんなツールがどんどん供給されるので、わたしはもっぱら Chromeブラウザを愛用しています。


タグ:

« »

コメントを残す