いいなもっと.com > Webサービス > Evernote ClealryはEvernoteに保存するだけじゃ無く印刷にも便利
2013
06/ 21

Evernote ClealryはEvernoteに保存するだけじゃ無く印刷にも便利

Webサービス クラウド


Evetnote Clearly でスッキリ整形

Evernote Clearly

Evernote Clearly

なんでも記録するEvernote。Dropbox、Gmailなどとならぶクラウドサービスの代表選手です。Dropboxがファイルをなんでも保存するのに対して、Evernoteは主に書類(ネットの文章や写真、音声なども大丈夫)をガンガン保存するサービスです。

EvernoteでWebページを保存するにはWebクリッパーという拡張機能があって、Webページの必要な部分だけを切り取ってEvernoteに保存できるのでとても便利なのですが、もうひとつ Evernote Clearly という拡張機能がありまして、これが広告やメニューを消して保存するだけでなく、印刷なんかにも使える優れものです。

Evernote ClearlyでWebページをスッキリ整形

Evernote ClearlyでWebページをスッキリ整形

我々Web制作に携わる者としてはせっかくのデザイン要素を無くされてしまうのはちょっとなんですが、Evernoteに保存したWebページは画面の小さなスマホとかで閲覧することも多く、そうなるとコンテンツだけが見やすく整形されるというのもありかな、とも思います。メニューや広告が無くなるだけで無く、スタイルもすっきりと単純化され、完全な読み物として保存されます。

Evetnoteに保存

ぞうのアイコンをクリックするとEvernoteに保存される。

ぞうのアイコンをクリックするとEvernoteに保存される。

EvernoteのゾウのアイコンをクリックするとEvetnoteに保存されます。「Facebookノートブックにクリップされました」とあるのは、どうやらClearlyがこの記事を私が作っているFacebookというノートブックに最適と勝手に判断したみたいです。このあたりはご愛敬ですね。ジャンルによってはわりと当たることもあるんですよ。

ここで『編集』ボタンをクリックすると保存するノートブックやタグなどを編集することができます。

Evernoteに保存する内容を編集する

Evernoteに保存する内容を編集する

編集画面ではタイトルや保存するノートブック、タグなどが変更できます。もちろんテキストを追記することもできます。

マーカーで印をつけて保存

蛍光ペンのアイコンでは、マーカーを引くことができる

蛍光ペンのアイコンでは、マーカーを引くことができる

蛍光ペンのアイコンではマーカーを引くことができます。これで覚えておきたいところもすぐに見つかりますね。さらに蛍光ペンでマーカーした場合はすぐにEvernoteに保存されます。

見た目を変更することもできます

見た目を変更することもできます。

見た目を変更することもできます。

見た目を変更することもできます。あまりしませんけどね(;^ω^)

印刷機能が地味に便利

印刷だってできます。

印刷だってできます。

Webクリッパーとの一番の違いは印刷だってできるところです。クリッパーはEvernote純正ですから、Evernoteに保存するのが目的です。でもClearlyは整形が目的ですから必ずしもEvernoteに保存する必要はありません。Webページを紙に印刷するときに余分な広告やメニューを省いてくれるので印刷しやすいですよね。

実は私はEvernoteに保存するのと同じくらいの頻度でこの印刷機能を使っています。Facebookとかのイベントに参加したときに、お店の領収書をもらったりしますよね。その時にイベントのページをClearlyで整形して印刷してお店の領収書に添えると、それが居酒屋の領収書でもちゃんとした異業種交流会の懇親会の証明になってくれるので税理士さんの受けがいいんです(^_^)v

読み上げ機能もあります

さらに画面では説明できないのですが、一番下のアイコンをクリックするとWebページを読み上げてくれます。ただしこの機能はEvetnoteのプレミアムユーザー(有料会員)だけのサービスとなります。私はスマホでもオフライン閲覧がしたかったのと、扱うデータが多くなりすぎたので有料会員になっているので使えます・・・とプチ自慢(+_+)\バキッ!

Webクリッパーとの違い

WebクリッパーはWebサイトをオリジナルのデザインのまま保存したいときに使い、Clealyはスマホとかでも読みやすいように整形したいときや印刷したいときに使っています。使い分けるとどちらも手放せません。


タグ:

« »

コメントを残す